• オンラインショップ
  • 会社案内
  • 店舗案内
  • 野菜づくり講座
  • 農業ナビ
  • 青果市況情報
  • 今月のプレゼント
  • お問い合わせ

野菜づくり講座 〔種類別:ハーブ〕

ハーブ

簡単!ハーブの育て方

  • 1タネ蒔き(まず苗をつくります)

    1. イチゴなどの容器の底に穴をあけ、園芸店等で売られている草花や野菜用の培養土(またはピートモスとバーミキュライトを同量ずつ混ぜ合わした土)を入れ、水をたっぷり与えておきます。

    2. タネを均等にバラ蒔き、板きれなどで軽く押さえ、タネを土の中に沈ませます。(まあり土をかけすぎると発芽しないので注意しましょう)

    3. 容器の大きさに切った新聞紙を一枚のせ、ジョロで静かに水をかけます。

    4. 容器を透明のビニール袋に入れ、空気を吹き込み密閉し半日陰の場所に置いておきます。発芽したら、容器をビニール袋から出し、徐々に日当たりのよい場所へ出してゆきましょう。

  • 2間引きと定植

    1. 双葉が開いたら、込み合っているところをピンセットや箸などで間引きを行いましょう。(成長の悪いもの、成長の良すぎるものを抜きとります。)
    2. 本葉が3~4枚になったら、根を傷めないように掘り起こし、プランターや鉢へ移植します。(土は、水はけがよく、保水性がよく、無菌の土での栽培が理想的。園芸店等で売られている草花や野菜用の培養土が手軽で便利です。)
  • 3手入れ

    1. 定植後しっかりと根づいたら、10日に1度の割合で薄めの液肥をたっぷりとあげましょう。
    2. 土が乾いてきたら、水がプランターや鉢の底から流れるくらいたっぷりと与えるます。

ハーブ栽培の知恵袋

  • 移植の嫌う直根性のハーブ(フェンネル・ディル・キャラウェイ・コリアンダーなど)はよく手入れをした畑に直まきをし、間引きをしながら育てます。